© 2023 by Closet Confidential. Proudly created with Wix.com

<営業時間>

営業日:木金土日および祝日
    営業時間:12:00-18:00(臨時休あり)

​最新の営業情報ほかは以下のツイッターでご覧ください。

​ https://twitter.com/vojitsusha

   vojitsusha@gmail.com

WEB SHOP(通販)はこちらから

     vojitsusha.stores.jp 

〒167-0042

東京都杉並区西荻北3-4-2

JR・地下鉄東西線西荻窪駅北口、西友のなかを通り抜けた反対側の出口右手側にあります。

 

【営業日】

木金土日および祝日 12:00-18:00

​(臨時休あり)

営業日ほか最新情報はtwitter で更新中。ぜひこちらをご確認ください。↓

https://twitter.com/vojitsusha

【お問い合わせ先】

email: vojitsusha@gmail.com

hp: www.vojitsusha.com

blog: http://vojitsusha.hatenablog.jp/

tel 03-3396-8673

RECENT POSTS: 

Please reload

July 15, 2020

当店きっての人気イベント「旅するカタリ」。作家・姜信子さん、人形浄瑠璃猿八座・渡部八太夫師匠のお二人による語りと音楽の夕べがはやくも再来。今回は石牟礼道子『苦界浄土』から「不知火浄瑠璃」として演目を披露いただきます(下記ご覧ください。また姜信子さんより本イベントのメッセージをいただいています)。

時空を超える圧倒的なパフォーマンスとしての「カタリ」。

ぜひお見逃しなく。

旅するカタリ「不知火浄瑠璃」

出演:姜信子、渡部八太夫

日時:8月22日(土)16時30分開宴

会場:忘日舎 東京都杉並区西荻北3-4-2

会費:2,500円(ワンドリンク付)

お...

June 21, 2020

順延となっておりました「やわらかくひろげる vol.2 ハンセン病文学を読む 」第4回 を7月19日(日)16時から開催します。

 

 前回は香山末子さん「風」(『エプロンのうた』所収、皓星社)を主宰の編集者アサノタカオさんとともに、ご参加の皆さまとことばの魅力を共有することができました。第4回目は同書から「くちづけ」を取り上げます。
本をお持ちではない方はお申し込みの際、その旨お伝えください。
お申し込みはvojitsusha@gmail.com、twitter メッセージ、03-3396-8673(営業時間内)までお知らせください。


...

June 11, 2020

順延となっておりましたルース・ベネディクト『レイシズム』(講談社学術文庫, 2020年)のトークイベントを7月5日(日)に開催します。

精神科医として活躍する阿部大樹さんは、先ごろH.S.サリヴァン『精神病理学私記』(日本評論社, 2019年)で共訳者の須貝秀平さんとともに第六回日本翻訳大賞を受賞しています。

翻訳家として、そして精神科医としてベネディクト『レイシズム』を訳すということ。また現在にあって、同書が投げかける意味、その問いとはいったいどのようなものでしょうか。

たいへん貴重な機会です。ふるってご参加ください。

阿部大樹さんトーク...

June 11, 2020

2019年に刊行された川崎祐『光景』の写真展を開催します。

会期:7月9日(木)〜7月26日(日)

12時〜18時(会期は営業日時と同様。休業日は月火水、木曜から日曜にご覧いただけます)

主催:忘日舎 the bookstore   東京都杉並区西荻北3-4-2

7月18日(土)16時より 川崎祐さんトーク *聞き手:伊藤幸太(忘日舎店主)

参加費:1.000円(ワンドリンク付) 

【トークのお申し込みは以下までご連絡ください】

TEL: 03-3396-8673 (営業時間内)

Email: vojitsusha@gmail.com

twitter...

June 2, 2020

旅するカタリ、帰還。

コロナの世の「新しい生活様式」? 何をいまさらおっしゃいますか。
鳥獣虫魚草木山川、この世の命のつながりをさんざん断ち切って、
ぶつりと断たれた命と命の間にぽっかり広がる闇の底からぞろぞろと
湧いてきたのがコロナ、厄病、水俣病、天も地も病むこの世というのに、
人を見たらコロナと思えと、さらにもっと無惨に断ち切りますか?
切るな、断つな、命はつなげ!
しかし、断って断って断たれつづてきた命は、どうやってつなぐ?

そんな問いに惑うとき、旅するカタリはこの言葉をつぶやくのです。

ひともわれもいのちの真際 かくばかりかなしき...

May 3, 2020

このたび当店はWEB SHOPを新たに開設いたしました。

ぜひこちらもご利用ください。

2020年5月3日現在、商品点数はまだ不足しておりますことをお詫びいたします。

また現在は新刊のみを掲載しておりますが、今後は古書も含めさらなる充実を図って参ります。

不備も多々あり現在は試行段階ではございますが、みなさまからのご意見・ご要望も

お聞かせくださいますよう、お願い申し上げます。

忘日舎の電子書店

https://vojitsusha.stores.jp/

March 17, 2020

ルース・ベネディクト『レイシズム』

*順延となりました

(阿部大樹訳、講談社学術文庫)刊行記念

阿部大樹 さんトークイベント 聞き手:伊藤幸太(当店店主)

16時スタート 2,000円(ワンドリンク付)
 

4/11(土)に予定しておりました本トークイベントは順延となりました。お申し込みいただきました方々にはお詫び申し上げます。

開催は今後の社会状況を鑑みつつ、調整を

進めていく予定です。なにとぞご了承くださいますようお願いいたします。

 4月11日(土)、ルース・ベネディクト「RACE AND RACISM」の新訳『レイシズム』(講談社学術文庫)...

December 21, 2019

H. S. サリヴァン『精神病理学私記』(阿部大樹+須貝秀平訳、日本評論社、2019)刊行にともない、出版トークイベントを行います。

現代精神医療の基礎を築いたアメリカのハリー・スタック・サリヴァン。生前唯一の著作となった本書には、専門家ばかりでなく、ひとりひとりの「わたし」たちが、複雑な現代社会を生きていくうえでの刺激的で、非常に深みのある考え方が記されています。

本書を訳されたお一人阿部大樹さんをお招きし、また障害者やセックス・ワーカーなど性の問題に取り組む坂爪真吾さんとのクロストーク・セッションも行います。司会は店主・伊藤が務めま...

December 14, 2019

「やわらかくひろげる vol.2 ハンセン病文学を読む 」第4回 は4月25日(土)16時に開催します。

 前回は香山末子さん「」(『エプロンのうた』所収、皓星社)を主宰の編集者アサノタカオさんとともに、ご参加の皆さまとことばの魅力を共有することができました。第4回目は同書から「くちづけ」を取り上げます。

本をお持ちではない方はお申し込みの際、その旨お伝えください。

お申し込みはvojitsusha@gmail.com、twitter メッセージ、03-3396-8673(営業時間内)までお知らせください。

概要

やわらかくひろげる ハンセ...

October 13, 2019

「やわらかくひろげる vol.2 ハンセン病文学を読む」 を11月16日(土)に開催します。

「在日女性文学を読む」に続いての集い、今期のテーマは「ハンセン病文学」。案内役である編集者のアサノタカオさんとともに、ご参加の皆さまと半年かけてハンセン病文学を読んでいきます。初回は11月16日(土)に開催、プレイベントとして趣旨案内を兼ねたお話をいただきます。

  以下、今回の趣旨についてアサノさんよりメッセージをいただいています。

「ハンセン病文学」を参加者の皆さんと一緒に読みたいと思います。近年、ハンセン病文学に関わるすぐれた研究や評論がつ...

Please reload