RECENT POSTS: 

Please reload

川崎 祐『光景』写真展を開催します

June 11, 2020

2019年に刊行された川崎祐『光景』の写真展を開催します。

 

会期:7月9日(木)〜7月26日(日)

12時〜18時(会期は営業日時と同様。休業日は月火水、木曜から日曜にご覧いただけます)

主催:忘日舎 the bookstore   東京都杉並区西荻北3-4-2

 

7月18日(土)16時より 川崎祐さんトーク *聞き手:伊藤幸太(忘日舎店主)

参加費:1.000円(ワンドリンク付) 

 

 

 

【トークのお申し込みは以下までご連絡ください】

TEL: 03-3396-8673 (営業時間内)

Email: vojitsusha@gmail.com

twitter メッセージ(https://twitter.com/vojitsusha)

 

【作家紹介】

 

川崎 祐(カワサキ ユウ)
1985年 滋賀県生まれ
2009年 早稲田大学 第一文学部日本文学専修 卒業
2013年 一橋大学大学院 言語社会研究科修士課程(アメリカ文学)修了

受賞歴:
2017年 第17回写真「1_WALL」グランプリ

個展:
2018年 第17回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展「Scenes」(ガーディアン・ガーデン/東京)
2019年 「小さな場所」(ギャラリーつつむ/滋賀)

グループ展:
2017年 第17回写真「1_WALL」展(ガーディアン・ガーデン/東京)

 

 

 

*以下は版元赤々舎WEBサイトからの引用です。

 

抽象と記憶のあいだに── 写真に宿る痕跡感覚 


この度、赤々舎では川崎祐『光景』を刊行しました。
『光景』において、川崎は、自身の家族と故郷である滋賀県長浜市の風景を撮影しています。
およそ6年の歳月をかけて撮影された『光景』において川崎は、
「家族写真」と「故郷写真」という手垢にまみれた被写体をモチーフにしながら、
それを逸脱させて、まったく新しい「家族写真」と「故郷写真」を創造することを試みています。
まず目に止まるのは独特な存在感を放つ家族の存在です。
異様なまでにクロースアップで撮影された家族の姿からは、
私たちがふつう「家族」という言葉から思い巡らせる関係性や距離感は失われています。
しかし、その過剰な「近さ」は、作者にとって自分自身の存在と不可分になってしまった
「家族」の持つ意味の大きさや不可知をまざまざと伝えます。
親密さや関係性という言葉によっては捉えようのない未知なる「家族」のイメージがここには映し出されています。
一方で、家族を写した写真の持つ「近さ」とは対照的にも見える故郷の風景。
親しさからもノスタルジーからも程遠い、いわば「郊外」的な景色は、
現代を生きる私たちの多くが束縛されている既知なる風景と言えます。
では、どこまでもありふれている「郊外」的な故郷をありのまま写すことによって
川崎が試みようとしたことは何なのでしょうか。

 

(続きは以下のサイトよりご覧ください)

 

http://www.akaaka.com/publishing/scenes.html

 

 

Please reload